ネット予約はこちらネット予約はこちら
  • 〒565-0875 大阪府吹田市青山台2丁目1-15
MENU

歯科

Dentistry

歯科|吹田市の動物病院【公式】ESSE動物病院

Dentistry

歯科

こんな症状ありませんか?

  • 口臭が気になる
  • 歯垢や歯石が沈着している
  • 口が痛そう
  • 鼻水やくしゃみが多い
  • 口の中にできものがある

考えられる病気・疾患について

わんちゃんによくある病気

歯周病

歯周病は、歯周病病原菌により歯の周りに異常が起こる病気です。口臭、歯肉が腫れる、などの症状が見られ、最悪の場合、歯が抜ける、顎の骨が折れる、といったことも起こります。また、歯周病病原菌は他の臓器にも悪影響を及ぼすので、健康管理の一環としても歯周病を治療することは重要になってきます。当院では、適切な麻酔管理の下迅速丁寧な歯科処置を行います。また、標準で歯の表面を磨くポリッシングの処置も行い、歯石の再付着が起こりにくくします

根尖膿瘍

根尖膿瘍は、歯の根本に菌が入ることで、歯の根本に膿が溜まる病気です。歯周病と一緒に起こることが多く、歯周病の症状に加え溜まった膿が皮膚の外に溢れ出す(外歯瘻)こともあります。治療として抗生剤を使うこともありますが、一時的な改善はあるものの100%再発するというデータもあります。当院では、動物の状況をしっかりと把握した後、全身麻酔でレントゲンなどを使い原因の歯を特定し抜歯などを行う根本治療を行います。

口腔内腫瘍

犬も口の中に腫瘍ができます。中には、悪性腫瘍で転移する『悪性黒色腫』や、良性腫瘍でもきちんとしたやり方で切除しないと再発し、最悪ご飯が食べられなくなる『棘細胞性エナメル上皮腫』もあります。当院は、腫瘍科も得意としているため、歯石処置の時などにたまたま見つかった腫瘍も適切に対処します。少しでも早い検査・治療により、完治の可能性をあげて動物の負担を減らします。(追加処置の場合は、必ず飼い主様に確認・承諾いただき行います)

わんちゃんの歯科疾患

詳しい歯科 疾患・症例についてはこちら

ねこちゃんによくある病気

歯周病

歯周病は、歯周病病原菌により歯の周りに異常が起こる病気です。口臭、歯肉が腫れる、などの症状が見られ、最悪の場合、歯が抜ける、顎の骨が折れる、といったことも起こります。また、歯周病病原菌は他の臓器にも悪影響を及ぼすので、健康管理の一環としても歯周病を治療することは重要になってきます。当院では、適切な麻酔管理の下迅速丁寧な歯科処置を行います。また、標準で歯の表面を磨くポリッシングの処置も行い、歯石の再付着が起こりにくくします。

歯肉口内炎

猫は、様々な原因により歯肉炎・口内炎を起こします。原因としては、細菌・ウイルス・免疫異常などが言われており、これらが重なり合って病気を作っていると考えられています。歯肉口内炎は痛みが強く、ひどい時は食欲や活動性も著しく下げてしまいます。
当院では、内科治療から外科治療までの選択肢から動物とご家族の状況に合わせた治療を提案し行います。また、歯肉口内炎への治療として高い有効性が報告されている全臼歯抜歯も数多く行い、手術時間と動物への負担を考慮した適切な術式や麻酔・疼痛管理を行っています

口腔内腫瘍

猫も口の中に腫瘍ができます。特に、口内炎と間違えることもあり、適切な検査(細胞診・組織生検)が必要で、診断時は迅速な外科介入が必要な『扁平上皮癌』などがあります。当院は、腫瘍科も得意としているため、歯石処置の時などにたまたま見つかった腫瘍も適切に対処します。少しでも早く適切な検査・治療により、完治の可能性をあげて動物の負担を減らします。(追加処置の場合は、必ず飼い主様に確認・承諾いただき行います)

ねこちゃんの歯科疾患

詳しい歯科 疾患・症例についてはこちら

当院の治療の特徴

POINT1

迅速な歯石除去と、標準で行う歯石が付きにくくする処置

超音波スケーラーを使い、早く正確な歯石除去を行います。またマイクロエンジンという特殊な機械を使い、歯の表面を磨くポリッシングという処置も行います。これにより歯石がすぐに付くことを抑え、綺麗な歯を長続きさせます。

迅速な歯石除去と、標準で行う歯石が付きにくくする処置
POINT2

顎への負担が少ない抜歯方法

当院では高性能のデジタルレントゲン装置があり、歯や顎の骨の様子を処置前に確認することができます。そうすることでどの歯が治療が必要なのか、どんな治療が必要なのかを判断することができます。そしてマイクロエンジンという特殊な機械で、歯や顎の骨を処理してから抜くので、余計な負担を顎の骨にかけず顎が折れるリスクを減らします

顎への負担が少ない抜歯方法
POINT3

リスクを減らす、しっかりとした麻酔管理

歯石除去などで気になるのが、全身麻酔の負担だと思います。当院では、全身麻酔をかける際に事前に全身の状態(特に心臓)を確認し、そのリスクを把握します。そして、その全身状態に合わせた麻酔管理を行うことで、心臓病など病気のある子でも最大限安全に歯科処置を行います

リスクを減らす、しっかりとした麻酔管理
POINT4

偶然発見した腫瘍への適切な対応

口の中は普段のチェックが行き届かないことも多いと思います。なので歯石除去など処置中にたまたましこりなどが見つかるケースも少なくありません。そんな想定外の事態にも、腫瘍科の認定医として適切な処置や検査をさせていただきます

偶然発見した腫瘍への適切な対応

治療の流れ

1

受付・問診

受付いただきましたら、スタッフから問診させていただきます。どのような症状がいつごろからあるのか、どんなことが気になっているのか、気になることからデンタルケアの不安まで、聞きたいことをお伝えください。

受付・問診
2

身体検査

お顔、お口はもちろんのこと、全体的にお身体を触らさせていただき、口以外に異常がないかも確認していきます。

身体検査
3

検査

口の状態により検査を実施します。 歯周病や口の中のしこりなどは、検査や処置に全身麻酔が必要になってくるため、麻酔前検査として血液検査やレントゲン検査などを提案させていただくこともあります。

検査
4

検査結果の説明・治療方針のご相談

お口の状態によっては後日、検査と治療を兼ねて全身麻酔下で口腔内の観察、歯周ポケットのチェック、歯科レントゲン撮影などを行い、必要に応じて抜歯、歯石除去、研磨、歯周ポケットのケア等を行います。また、日々のケアについてご相談していきます。

検査結果の説明・治療方針のご相談
5

お会計・次回の予約

お会計、お薬のお渡し、説明資料のお渡しは受付からさせていただきます。次回の再診目安もお伝えさせていただきます。

お会計・次回の予約

料金はこちら

※表示価格は全て税込価格です。

検査費用

視診 0円

治療費用(体重により変動します)

歯石除去 11,000円
ポリッシング 8,800円
抜歯 1,100円~
pagetop