ネット予約はこちらネット予約はこちら
  • 〒565-0875 大阪府吹田市青山台2丁目1-15
MENU

皮膚科

Dermatology

皮膚科|吹田市の動物病院【公式】ESSE動物病院

Dermatology

皮膚科

こんな症状ありませんか?

  • 皮膚が赤い
  • 毛がよく抜ける
  • かさぶたがある
  • 身体を掻いたり、噛んだりしている
  • 手先や足先をよくなめている

考えられる病気・疾患について

わんちゃんによくある病気

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、遺伝的な背景により起こり、長期間続く特徴的な痒みを引き起こす病気です。必要な検査に関しては、その意味合いと治療への影響を説明して飼い主様と相談のもと行っていきます。治療は、体質改善を目的とする治療、薬により痒みのコントロールをする治療、シャンプーなどの皮膚ケアに分かれます。当院では、これらを組み合わせてご家族の希望に沿うものを相談し行います。また負担を最小限に治療効果を最大に、の考えも当院の治療で大事にしているポイントです。

膿皮症

膿皮症は、皮膚に細菌が感染することで起こり、かさぶたや痒みを起こす皮膚病です。子犬や皮膚が弱い犬がなることが多い病気です。この病気は時に何度も繰り返すことがあるため、抗生剤を乱用せずに『耐性菌』を作りにくい治療として、シャンプーなどの外用療法を組み合わせていくことが大事です。また、皮膚を強くする栄養療法なども行い、菌だけに囚われない治療も行っています。

外耳炎

外耳炎とは、犬の耳の穴の皮膚が炎症を起こす病気で、その原因としてマラセチアというカビの増殖や細菌の増殖、アレルギーなどさまざまです。当院では、ビデオオトスコープ(耳の内視鏡)で耳の中を飼い主様にも確認してもらいます。そして、耳垢の検査を行い原因の追求をし、また耳道洗浄もしっかり行い治療します。耳道洗浄後は、再度ビデオオトスコープで耳の中を見ていただき、治療効果を一緒に確認し今後の方針を相談するようにさせていただいております。

わんちゃんの皮膚疾患

詳しい 皮膚科 疾患・症例についてはこちら

ねこちゃんによくある病気

猫のアトピー性皮膚炎

猫のアトピー性皮膚炎は、痒みや掻き壊しによる皮膚のただれなどを起こす病気です。原因など詳しいことがあまりわかっていません。犬よりも診断が難しく、他の病気がないことの確認をしっかり行う必要があります。また猫は薬を飲ませにくいこと、シャンプーなどもしづらいことから、治療のやり方に工夫が必要なことが多いと思います。
当院では、他の病気をしっかり除外すること、豊富な治療選択肢を提案することで、アトピーのねこちゃんと飼い主様の生活の手助けを行います。

食物アレルギー

猫の食物アレルギーは、痒みや掻き壊しによる皮膚のただれなどを起こす病気です。猫のアトピー性皮膚炎と症状は似ていますが、これは食事の改善で治療できる病気です。当院では、効果的な食事療法の提案や食事療法を行う上で大事な療法食への切り替えの方法を中心に、必要な情報や選択肢を分かりやすくお伝えします。

皮膚糸状菌症

皮膚糸状菌症は、皮膚に糸状菌というカビの一種が感染することで起こる皮膚病です。犬と猫どちらもなる病気ですが、猫の方がかかりやすい病気で、また動物からヒトへも感染る病気です。治療は、抗真菌薬の飲み薬や塗り薬、薬用シャンプーなどで治療を行います。また、感染動物の生活エリアに広がったカビに対しても対処が必要です。それらの総合的な治療方針や注意点を分かりやすくお伝えさせていただきます。

ねこちゃんの皮膚疾患

詳しい 皮膚科 疾患・症例についてはこちら

当院の治療の特徴

POINT1

豊富な知識と検査方法

皮膚病を診断する際には、今までの経験や文献データからの知識を持って、考えられる病気をきちんと想定しその診断のために必要な検査を提案します。余分な検査は行いません。また通常の病院にはない特殊な検査機器を使って、より的確な診断を行います。

豊富な知識と検査方法
POINT2

身体に負担のかからない治療の提案

皮膚の病気の中には、生涯にわたって治療やケアが必要な病気もあります。薬以外に、シャンプー療法や外用薬、食事療法も行います。 また薬を使う時もお薬の選択や使い方に気をつけて、副作用が出ないように考えて使用します。動物も飼い主様も安心して続けられる治療を行います

身体に負担のかからない治療の提案
POINT3

様々な状況に合わせた治療の提案

アトピー性皮膚炎は季節の変化で状況も変わります。季節の変化に合わせた治療の変更を行います。 また治療の提案の際に、飼い主様の考え方、費用、薬が飲めるか、シャンプーができるか、食事の変更ができるか、など状況に合わせて臨機応変に治療の選択肢を変えて提案します

様々な状況に合わせた治療の提案

治療の流れ

1

受付・問診

受付していただきましたらスタッフから問診をさせていただきます。どのような症状がいつごろから出ているのか、痒みの強さはどのくらいか、身体のどこにあるのか、と言った内容をお伺いさせていただきます。

受付・問診
2

身体検査

皮膚のどの部位にどのような病変があるか確認させていただきます。また、皮膚病以外にも体に異常がないか確認していきます。

身体検査
3

検査

皮膚の状態に応じた検査をさせていただきます。内容は、皮膚一般検査、細菌培養検査、皮膚エコー検査、ホルモン検査、アレルギー検査、皮膚病理検査などがあり、必要な検査をご提案させていただき、相談の後検査を実施します。

検査
4

検査結果の説明・治療方針のご相談

皮膚の状態や検査結果により治療方針をご提案させていただきます。「痒みなどの皮膚の症状をしっかり治し、副作用など薬のリスクを最小限にする」を当院の皮膚科の基本の方針とし、薬の過剰な使用はせず食事療法や皮膚ケア(シャンプー療法、サプリメント、保湿剤)も並行して行い、負担の少ない治療を行います。

検査結果の説明・治療方針のご相談
5

お会計・次回の予約

お会計、お薬のお渡し、説明資料のお渡しは受付からさせていただきます。次回の再診目安もお伝えさせていただきます。

お会計・次回の予約

料金はこちら

※表示価格は全て税込価格です。

検査費用

軽度 1,100円~
重度 4,400円~

治療費用(体重により変動します)

軽度 2,200円~(1種類2週間)
重度 5,500円~(飲み薬、シャンプーなど)
pagetop