ネット予約はこちらネット予約はこちら
  • 〒565-0875 大阪府吹田市青山台2丁目1-15
MENU

ブログ

Blog

⽪膚⽷状菌症|ESSE動物病院|吹田市(北千里駅)・箕面市・豊中市の動物病院

⽪膚⽷状菌症

動物の⽑や⽪膚に感染するカビで、⽝・猫だけでなくヒトにも感染する⽪膚病である。主な感染⽅法としては、感染している動物との接触や菌がいる⼟壌との接触である。

症状

痒み、カサブタ、感染部の⽑が抜けるなどがある。ヒトでも⾒られる症状として、円形状に⽪膚が⾚くなるリングワームと呼ばれる⽪疹も⽪膚⽷状菌症の症状の特徴である。

傾向

ヨーキーに多い。また⽪膚⽷状菌症感染の背景に、⽪膚バリア機能の低下や免疫の低下が起こる他の病気が隠れていることもある。

診断

⽷状菌の⼀種 Microsporum canisが感染した⽑を光らせる、ウッド灯検査を⾏い、疑わしい⽑を顕微鏡で確認したり、培地での培養、PCR検査などで診断を⾏う。

治療

抗真菌薬の内服を⾏う。薬の副作⽤などが懸念される症例に対しては、シャンプー療法や⽑刈りなどが⾏われることもあるが、施術者への真菌感染のリスクから強く推奨はされない。また感染動物から落ちた⽑などから、他の動物への感染や再感染の恐れがあるため、次亜塩素酸ナトリウムなどを⽤い環境の清浄化も⾏う必要がある。

院長 福間 康洋
院長 福間 康洋
記事監修
院長 福間 康洋(フクマ ヤスヒロ)
  • 獣医腫瘍科認定医Ⅱ種(吹田市で1人、大阪府で22人[2021年1月時点])
  • 獣医教育・先端技術研究所 腹部・心臓超音波研修 修了
  • 日本獣医皮膚科学会所属
  • 日本獣医がん学会所属
  • 日本獣医循環器学会所属
  • 日本獣医腎泌尿器学会所属
  • 2015年:鳥取大学獣医学科卒業
  • 2018年:犬とねこの皮膚科 研修生
  • 2018~19年:ネオベッツVRセンター 研修生(内6ヶ月間)
詳しい医師紹介を見る 予約をとる