ネット予約はこちらネット予約はこちら
  • 〒565-0875 大阪府吹田市青山台2丁目1-15
MENU

ブログ

Blog

本態性脂漏症|ESSE動物病院|吹田市(北千里駅)・箕面市・豊中市の動物病院

本態性脂漏症

脂漏症=ベタベタな脂っぽい⽪膚、というイメージを病名から思い浮かべるが、実際は脂漏症は⾓化異常症の1つでありフケが出る病気である。フケと⼀緒に⽪脂腺が活化するものを脂性脂漏症といい、フケのみが⽬⽴つものを乾性脂漏症という。

症状

脂性脂漏症は、フケと⽪脂が混ざったワックス状のものが⽪膚表⾯に⾒られる。⽪膚の炎症も⾒られることがある。乾性脂漏症は、乾燥したフケが⽪膚表⾯や⽑についている状況が⾒られることが多い。

傾向

コッカー・スパニエル、ウエスティ、バセット・ハウンド・M・シュナウザーで多い。

診断

⽪膚症状で疑い、確定診断には適切な部位の⽪膚⽣検(⽪膚の⼀部を切り取る検査)を⾏う。

治療

脂漏症に対しては、シャンプー療法を⾏い過剰な⽪脂やフケを洗い流す。シャンプー剤は、脂性脂漏症、乾性脂漏症で使い分ける。また脂肪酸製剤の有効性も報告されている。炎症のコントロールのためやシャンプー療法での管理が難しい場合、ステロイドなどの内服薬も使⽤する。

院長 福間 康洋
院長 福間 康洋
記事監修
院長 福間 康洋(フクマ ヤスヒロ)
  • 獣医腫瘍科認定医Ⅱ種(吹田市で1人、大阪府で22人[2021年1月時点])
  • 獣医教育・先端技術研究所 腹部・心臓超音波研修 修了
  • 日本獣医皮膚科学会所属
  • 日本獣医がん学会所属
  • 日本獣医循環器学会所属
  • 日本獣医腎泌尿器学会所属
  • 2015年:鳥取大学獣医学科卒業
  • 2018年:犬とねこの皮膚科 研修生
  • 2018~19年:ネオベッツVRセンター 研修生(内6ヶ月間)
詳しい医師紹介を見る 予約をとる