ネット予約はこちらネット予約はこちら
  • 〒565-0875 大阪府吹田市青山台2丁目1-15
MENU

ブログ

Blog

消化管間質腫瘍|ESSE動物病院|吹田市(北千里駅)・箕面市・豊中市の動物病院

消化管間質腫瘍

腸にできる悪性腫瘍で、腸のカハール介在細胞が腫瘍化したもの。

症状

無症状な症例もいる。時に、⾷欲低下、体重減少、嘔吐、下痢、⾎便などが⾒られる。

傾向

⽝の回盲結腸移⾏部に発⽣しやすい腫瘍で、G・レトリバー、M・ダックスに多いとする報告がある。

診断

腹部エコー検査でその存在を疑う。外科切除後に確定診断を⾏う。

治療

症状の改善と完治を⽬的として、外科切除が⾏われることが多い。「c-kit」という遺伝⼦の変異が認められることが多いため、チロシンキナーゼ阻害薬が有効なこともある。巨⼤なものや⿇酔リスクが⾼い症例、術後に転移・播種が⾒られたものに対して使われることがある。

院長 福間 康洋
院長 福間 康洋
記事監修
院長 福間 康洋(フクマ ヤスヒロ)
  • 獣医腫瘍科認定医Ⅱ種(吹田市で1人、大阪府で22人[2021年1月時点])
  • 獣医教育・先端技術研究所 腹部・心臓超音波研修 修了
  • 日本獣医皮膚科学会所属
  • 日本獣医がん学会所属
  • 日本獣医循環器学会所属
  • 日本獣医腎泌尿器学会所属
  • 2015年:鳥取大学獣医学科卒業
  • 2018年:犬とねこの皮膚科 研修生
  • 2018~19年:ネオベッツVRセンター 研修生(内6ヶ月間)
詳しい医師紹介を見る 予約をとる