ネット予約はこちらネット予約はこちら
  • 〒565-0875 大阪府吹田市青山台2丁目1-15
MENU

ブログ

Blog

肺⽔腫(僧帽弁閉鎖不全症が原因による)|ESSE動物病院|吹田市(北千里駅)・箕面市・豊中市の動物病院

肺⽔腫(僧帽弁閉鎖不全症が原因による)

概要

肺⽔腫とは、肺の組織に⽔が貯まる状態である。それにより肺の機能である「酸素を取り込み、⼆酸化炭素を出す」働きが妨げられる。
肺⽔腫の原因はいくつかあるが、⼼不全により⾎液の流れが悪くなることでも起こることが知られている。
ACVIMのステージ分類では、肺⽔腫を起こした僧帽弁閉鎖不全症の⼦はステージCもしくはステージDに分類される。

症状

肺機能が妨げられるため、呼吸不全が起こる。軽度では、呼吸回数の増加、重症になるにつれて呼吸困難、意識低下が起こり、亡くなる事もある。

傾向

肺⽔腫になった症例を含むステージCの症例では、⼼臓病による死亡などに⾄る期間の中央値(例えば、100頭いた時に50頭⽬が死亡などに⾄るタイミング)は267⽇と報告されている。

診断

肺⽔腫の診断は、レントゲン検査や聴診などを⽤いるが、近年肺エコーというエコー検査⼿法も多く⾏われている。

治療

肺の中に溜まった⽔を抜けやすくするため、強⼼薬、⾎管拡張薬、利尿剤などを⽤いる。また体内への酸素取り込みを補うために、酸素室(通常の空気より酸素濃度の⾼い部屋)で管理する事が多い。また状況によっては、⼀時的に気管挿管を⾏い⼈⼯呼吸器に繋げて命を守るやり⽅も⾏われる。

院長 福間 康洋
院長 福間 康洋
記事監修
院長 福間 康洋(フクマ ヤスヒロ)
  • 獣医腫瘍科認定医Ⅱ種(吹田市で1人、大阪府で22人[2021年1月時点])
  • 獣医教育・先端技術研究所 腹部・心臓超音波研修 修了
  • 日本獣医皮膚科学会所属
  • 日本獣医がん学会所属
  • 日本獣医循環器学会所属
  • 日本獣医腎泌尿器学会所属
  • 2015年:鳥取大学獣医学科卒業
  • 2018年:犬とねこの皮膚科 研修生
  • 2018~19年:ネオベッツVRセンター 研修生(内6ヶ月間)
詳しい医師紹介を見る 予約をとる