ネット予約はこちらネット予約はこちら
  • 〒565-0875 大阪府吹田市青山台2丁目1-15
MENU

ブログ

Blog

脱⽑症|ESSE動物病院|吹田市(北千里駅)・箕面市・豊中市の動物病院

脱⽑症

脱⽑症には⾊々なものがあり、⽑が抜けやすくなるもの、⽑が⽣えなくなるもの、⽑が切れやすくなるものなど様々です。これらには、⽑周期停⽌、パターン脱⽑症、季節性側腹部脱⽑症、ホルモン性脱⽑(甲状腺機能低下症、副腎⽪質機能亢進症、性ホルモン関連性⽪膚症)、淡⾊被⽑脱⽑症などがあります。

症状

⽑が薄くなる、なくなるといった脱⽑のみが⾒られることもある。また⽑がなくなることで⽪膚への刺激が増え、⽪膚の感染症を起こしやすくなる症例もいる。

傾向

⽑周期停⽌は、ポメラニアン、トイプードルに多い。パターン脱⽑症は、M・ダックスフント、M・ピンシャーに多い。淡⾊被⽑脱⽑症は、⽑⾊がブルーなどの⽑⾊の個体に⾒られる病気である。

診断

疾患によりそれぞれだが、可能な限り炎症性脱⽑症の可能性を可能な限り除外する必要がある。

治療

疾患により様々である。

院長 福間 康洋
院長 福間 康洋
記事監修
院長 福間 康洋(フクマ ヤスヒロ)
  • 獣医腫瘍科認定医Ⅱ種(吹田市で1人、大阪府で22人[2021年1月時点])
  • 獣医教育・先端技術研究所 腹部・心臓超音波研修 修了
  • 日本獣医皮膚科学会所属
  • 日本獣医がん学会所属
  • 日本獣医循環器学会所属
  • 日本獣医腎泌尿器学会所属
  • 2015年:鳥取大学獣医学科卒業
  • 2018年:犬とねこの皮膚科 研修生
  • 2018~19年:ネオベッツVRセンター 研修生(内6ヶ月間)
詳しい医師紹介を見る 予約をとる