ネット予約はこちらネット予約はこちら
  • 〒565-0875 大阪府吹田市青山台2丁目1-15
MENU

ブログ

Blog

腎細胞癌|ESSE動物病院吹田|吹田市(北千里駅)・箕面市・豊中市の動物病院

腎細胞癌

 

概要

腎細胞癌は、腎臓細胞が癌化した悪性腫瘍です。
腎臓に発生する腫瘍は悪性腫瘍が多いとされていますが、その中でも腎細胞癌が最も多いと言われています。

両側の腎臓に発生することもありますが、通常は片側の腎臓のみが腫瘍化する場合がほとんどです。

臨床症状は、食欲不振や体重減少などではっきりとしない症状が見られます。
その為、お腹が膨れてきたといった主訴で来院され偶然発見されるケースが多いです。
ただし腎盂(腎臓の中の尿が貯まるところ)に発生した場合は、血尿症状が発生することがあります。

腫瘍が進行してサイズが大きくなると、腹腔内出血や多臓器の圧迫による症状が表れます。
転移部位は肺が最も多く、続いて所属リンパ節、肝臓、副腎などに転移します。

好発犬種は、パピヨンやミニチュアダックスフンドと言われており、
この2犬種で全体の1/3を占めています。

 

診断

腹部X線検査や超音波検査、尿検査などを行います。
また病巣がはっきりしない場合や転移の確認のために、CT検査でを行うこともあります。

確定診断は、外科的手術により摘出したもので病理学的検査を行います。

 

 

治療

摘出可能な腫瘤であれば、第一選択は外科手術による摘出です。

外科摘出の術前検査には、
腎動静脈の位置を把握する為の造影剤を用いたCT検査も重要となります。

摘出が難しい場合は
分子標的薬であるパラディアを投与する場合もあり、その有効性も一部報告されています。

 

 

院長 福間 康洋
院長 福間 康洋
記事監修
院長 福間 康洋(フクマ ヤスヒロ)
  • 獣医腫瘍科認定医Ⅱ種(吹田市で1人、大阪府で22人[2021年1月時点])
  • 獣医教育・先端技術研究所 腹部・心臓超音波研修 修了
  • 日本獣医皮膚科学会所属
  • 日本獣医がん学会所属
  • 日本獣医循環器学会所属
  • 日本獣医腎泌尿器学会所属
  • 2015年:鳥取大学獣医学科卒業
  • 2018年:犬とねこの皮膚科 研修生
  • 2018~19年:ネオベッツVRセンター 研修生(内6ヶ月間)
詳しい医師紹介を見る 予約をとる