ネット予約はこちらネット予約はこちら
  • 〒565-0875 大阪府吹田市青山台2丁目1-15
MENU

ブログ

Blog

犬と猫の腎臓病(腎不全) | 食事療法の意味とは?原因・症状・治療を説明します。|ESSE動物病院|吹田市(北千里駅)・箕面市・豊中市の動物病院

犬と猫の腎臓病(腎不全) | 食事療法の意味とは?原因・症状・治療を説明します。

そもそも腎臓病とは?

「腎臓病」とは腎臓の糸球体や尿細管に起こる病気の全てをひっくるめた言い方です。これには、糸球体におこる特発性膜性腎症、感染症、アミロイドーシス、免疫介在性、炎症性などや、尿細管で起こる尿細管間質性腎炎、腎盂腎炎、尿路閉塞、高血圧性腎症など、様々な病気があります。これらの病気は原因や経過、治療法などバラバラですが、「腎臓病」という括りに全て収まってしまうものです。

なので、まず必要なことは“どんな”腎臓病なのかを考えることです。

 

急性?慢性?

腎臓病の一つの分け方として、急性腎臓病と慢性腎臓病があります。急性腎臓病は「持続期間が3ヶ月未満の腎臓へのダメージや腎機能の低下」と定義されています。慢性腎臓病は「持続期間が3ヶ月以上の腎臓へのダメージや腎機能の低下」と定義されています。

どちらも症状は、元気・食欲の低下嘔吐、下痢、尿が薄くなる尿の回数が増える尿の量が増えるが多い症状だと思います。

ただ同じ腎臓機能の低下でも、慢性腎臓病の方が症状が現れにくいとされています。それは、ゆっくりな変化なので体が慣れるからだと考えられています。

 

原因は?検査は何が必要なの?

一般的に「腎臓病」と診断される状況は、血液検査で腎臓の数値が上がっている時ですが、その時に3ヶ月前の腎臓の数値がどうだったのかはわからないことが多いです。つまり急性腎臓病か慢性腎臓病かは、一回の血液検査では判断できないのです。(貧血の有無や腎臓の数値に対しての症状の程度などで推測することはします)

急性腎臓病であれば原因にもよりますが、積極的な治療により腎数値は回復することもあります。なのでしっかりと検査を行い、何が原因なのかどんな治療が選択できるのかを調べる必要があります。

当院では、追加の血液検査(全血球計算、リン、カルシウム、電解質、CRPなど)、腹部エコー検査、尿検査、血圧測定などを行います。

例えば、白血球数・CRPの上昇、エコー検査で腎臓周囲の高エコー化・腎盂拡張・腎盂脂肪の高エコー化、尿検査で尿に菌がいれば、『腎盂腎炎』を疑います。その場合、抗生剤の使用で治療できる可能性が出てきます。

 

慢性腎臓病には何ができるの?食事療法の目的は?

追加の検査や経過を追っていく中で慢性腎臓病と診断が出た場合、私たちには何ができるのでしょうか?これは2パターンに分けて説明していきます。

 

パターン①(腎臓の数値の異常が軽度で、症状がほとんどない場合)

この時、治療の目的は「腎臓を保護して腎臓病の進行を抑制する」になります。

  1. 腎臓の療法食(低タンパク・低リンの食事)
  2. 腎臓保護薬(ラプロス、ACE阻害薬)
  3. 腎臓の血圧管理(ACE阻害薬、アムロジピン)
  4. 吸着剤(カリナール、レンジアレンなど)

尿の中にタンパクが漏れ出ること、血液のリン濃度が上がること、血圧が上がることは腎臓に悪影響があります。なので、これらが起こりにくくするように低タンパク・低リンの食事にする、リンの摂取量を抑える、血圧を適正に管理することは「腎臓病の進行を抑制する」ことに繋がります。また、ラプロスは腎臓の血流を維持することにより、腎臓の機能が落ちるのを抑える効果があります。

 

パターン②(腎臓の数値の異常が中等度〜重度で、食欲の低下など症状が見られる場合)

この時、治療の目的は先程の「腎臓を保護して腎臓病の進行を抑制する」もありますが、それと同じかそれ以上に「全身の症状の改善」ということを治療の目的とします。

  1. 皮下輸液
  2. 吸着剤(活性炭製剤)
  3. 造血ホルモン(ダルベポエチン)
  4. 乳酸菌製剤

皮下輸液は、脱水状態を改善することで元気や食欲を改善する効果があります。乳酸菌製剤や活性炭の吸着剤は、腸内での尿毒症性物質が作られること・吸収されることを抑える効果があります。造血ホルモンは腎臓病の結果貧血がある場合、造血ホルモンの効果により貧血を改善することで元気や食欲を改善する効果があります。

 

実際の状況はこれらがさらに混在していますし、いろんな性格の子がいるので検査・治療の負担も考えながら治療を組み替えて行っていくことが必要だと思いますし、だからこそ獣医師や看護師と飼い主さんとのコミュニケーションがとても大事だと考えています。(実際、獣医医療でコミュニケーションがいらないシーンはないのですが。笑)

 

今回からその時の患者さんに関連した内容を少し長めで投稿しようかと思います。その分投稿回数が落ちてしまうのはご容赦ください。



ESSE動物病院 院長 福間

大阪府吹田市青山台2−1−15(北千里駅から徒歩8分)

駐車場は10台以上あります。(豊中市、箕面市、茨木市、摂津市からも車で来院しやすいです)

皮膚科(アレルギー、アトピーなど)、腫瘍科(がん)、循環器科(心臓病、腎臓病)、外科手術(麻酔管理と痛みの管理をしっかり行います)を得意としています

健康診断、予防接種、フィラリア・ノミダニ予防、避妊・去勢手術も行います。ご相談ください

院長 福間 康洋
院長 福間 康洋
記事監修
院長 福間 康洋(フクマ ヤスヒロ)
  • 獣医腫瘍科認定医Ⅱ種(吹田市で1人、大阪府で22人[2021年1月時点])
  • 獣医教育・先端技術研究所 腹部・心臓超音波研修 修了
  • 日本獣医皮膚科学会所属
  • 日本獣医がん学会所属
  • 日本獣医循環器学会所属
  • 日本獣医腎泌尿器学会所属
  • 2015年:鳥取大学獣医学科卒業
  • 2018年:犬とねこの皮膚科 研修生
  • 2018~19年:ネオベッツVRセンター 研修生(内6ヶ月間)
詳しい医師紹介を見る 予約をとる