ネット予約はこちらネット予約はこちら
  • 〒565-0875 大阪府吹田市青山台2丁目1-15
MENU

ブログ

Blog

犬の皮膚疾患|ESSE動物病院|吹田市(北千里駅)・箕面市・豊中市の動物病院

ステロイド⽪膚症

  • 2021年7月20日
  • 犬の皮膚疾患

ステロイドには、⽪膚を薄くするなどの副作⽤があり、外⽤のステロイド剤やステロイドの内服薬を⻑期間使⽤し続けることで発症する。 症状 薄い⽪膚、⽪膚の⾚み、フレーク状のフケ、⾯皰(⽑⽳のつまり)が⾒られることが多い。 傾向…

本態性脂漏症

  • 2021年7月20日
  • 犬の皮膚疾患

脂漏症=ベタベタな脂っぽい⽪膚、というイメージを病名から思い浮かべるが、実際は脂漏症は⾓化異常症の1つでありフケが出る病気である。フケと⼀緒に⽪脂腺が活化するものを脂性脂漏症といい、フケのみが⽬⽴つものを乾性脂漏症という…

落葉状天疱瘡

  • 2021年7月20日
  • 犬の皮膚疾患

外敵から体を守る免疫反応が、誤って⾃分の細胞を傷つけてしまう⾃⼰免疫疾患の⼀つ。⽪膚の細胞同⼠をつなげる構造が破壊され、結果⽪膚のただれなどの症状が⾒られる。 症状 ⽔疱、カサブタや膿、⽪膚のびらん(⽪膚表⾯の⾓質が剥が…

ノミアレルギー性⽪膚炎

  • 2021年7月20日
  • 犬の皮膚疾患

ノミ感染によるアレルギー性の⽪膚炎で、吸⾎時に体内に⼊るノミの唾液に対してのアレルギーである。多数の寄⽣だけでなく、ノミが少数寄⽣するだけでもノミアレルギー性⽪膚炎は起こると考えられる。 症状 痒みや脱⽑などが⾒られる。…

疥癬

  • 2021年7月20日
  • 犬の皮膚疾患

イヌセンコウヒゼンダニの寄⽣による⽪膚病である。このダニは⽪膚の⾓質の中に寄⽣する。他の⽝や動物との接触により感染する。ヒトへの感染は基本的に起こらないが、偶発的感染などが報告されているものもある。 症状 強い痒みと⾓質…

ニキビダニ症

  • 2021年7月20日
  • 犬の皮膚疾患

⽑⽳に寄⽣するダニで、健康な⽝にも存在するダニである。このダニが、動物の免疫が低下することで増殖し⽪膚症状を⽰すと考えられている。近年は、ノミダニの年中駆⾍の周知により発⽣は減っている。 症状 痒み、脱⽑、フケなどが⾒ら…

⽪膚⽷状菌症

  • 2021年7月20日
  • 犬の皮膚疾患

動物の⽑や⽪膚に感染するカビで、⽝・猫だけでなくヒトにも感染する⽪膚病である。主な感染⽅法としては、感染している動物との接触や菌がいる⼟壌との接触である。 症状 痒み、カサブタ、感染部の⽑が抜けるなどがある。ヒトでも⾒ら…

脱⽑症

  • 2021年7月20日
  • 犬の皮膚疾患

脱⽑症には⾊々なものがあり、⽑が抜けやすくなるもの、⽑が⽣えなくなるもの、⽑が切れやすくなるものなど様々です。これらには、⽑周期停⽌、パターン脱⽑症、季節性側腹部脱⽑症、ホルモン性脱⽑(甲状腺機能低下症、副腎⽪質機能亢進…

⾷物アレルギー性⽪膚炎

  • 2021年7月20日
  • 犬の皮膚疾患

⾷べ物に対してアレルギーを起こし、結果⽪膚炎を起こす病気である。またヒトでは、⾷物アレルギーの発症のメカニズムに⽪膚バリア機能の異常も⾔われている。動物でも、アトピー性⽪膚炎と⾷物アレルギー性⽪膚炎の両⽅をもつ症例も報告…

アトピー性⽪膚炎

  • 2021年7月20日
  • 犬の皮膚疾患

(詳しくは) 遺伝的な背景により特徴的な慢性的な痒みを起こす病気であり、環境アレルゲンへのIgE増加を認めるものという定義がある。遺伝的な背景とは、⽪膚の天然保湿因⼦の産⽣不良や、アレルギーを起こしやすい体質などが⾔われ…

1 2