ネット予約はこちらネット予約はこちら
  • 〒565-0875 大阪府吹田市青山台2丁目1-15
MENU

ブログ

Blog

犬の食物アレルギー | 食事療法はどうすればいいの?|ESSE動物病院|吹田市(北千里駅)・箕面市・豊中市の動物病院

犬の食物アレルギー | 食事療法はどうすればいいの?

昨日は入院の子がいて、院内カメラはあるのですが時折発作のような症状を示していたので、心配で結局病院の2階で寝ていました。私が言うのもなんですが、夜の病院はちょっと不気味ですよね。。。特にこの病院の建物自体は古いものなので、「何か出るかも。。。」と思い結構ドキドキはしていました。結果、2回ほどラップ音が聞こえましたがそれ以外は特になかったので、とりあえず同じような症例が来ればまた泊まろうかなと思い、寝袋を一つ購入しました^_^

前置きが長くなりましたが、今回は食事療法について書こうと思います。今当院で皮膚科の食事療法をしてもらっている子が3頭ほどいます。この子達には全員、「除去食試験」と言う食事療法を行なっています。要は、アレルギーの起きにくいご飯を食べて皮膚症状が改善するかを診る検査です。改善すれば「食物アレルギーだったんだ!」と言えます。ただこの除去食試験、結構大変なんです。

・1〜2ヶ月続けて、その後にやっと効果がわかる。(期間が長い)

・他のものは原則食べたらダメ!(おやつをあげれない。。。)

・行う前に食物アレルギーを診断する手段がない。(アレルギー検査は参考にしますが、100%信用できません。これは人と同じですね。)

こんな理由で、食事療法に対して飼い主さんの腰が重い事が多いと感じますし、そういう反応を多くみている分ちょっと提案もしづらいところもあります。

ただこんな理由でよその病院でもされていないのか、当院にかかっている皮膚病の子は食事療法(除去食試験)の反応性がいいんです!今のところ食事療法だけで2頭が、そこそこ〜かなり改善しています。今日もドーベルマンの子にご提案させていただき、ご同意を得られたので食事療法を開始しています。完全とはいかないまでも、少しでも痒みが減ることを期待します^_^

アトピーについてご興味ある方はこちらをぜひご覧ください。⇨ (https://www.instagram.com/p/CFMdQxGnqm3/)

 

ESSE動物病院 院長 福間

大阪府吹田市青山台2−1−15(北千里駅から徒歩8分)

駐車場は10台以上あります。(豊中市、箕面市、茨木市、摂津市からも車で来院しやすいです)

皮膚科(アレルギー、アトピーなど)、腫瘍科(がん)、循環器科(心臓病、腎臓病)を得意としています

健康診断、予防接種、フィラリア・ノミダニ予防、避妊・去勢手術も行います。ご相談ください

院長 福間 康洋
院長 福間 康洋
記事監修
院長 福間 康洋(フクマ ヤスヒロ)
  • 獣医腫瘍科認定医Ⅱ種(吹田市で1人、大阪府で22人[2021年1月時点])
  • 獣医教育・先端技術研究所 腹部・心臓超音波研修 修了
  • 日本獣医皮膚科学会所属
  • 日本獣医がん学会所属
  • 日本獣医循環器学会所属
  • 日本獣医腎泌尿器学会所属
  • 2015年:鳥取大学獣医学科卒業
  • 2018年:犬とねこの皮膚科 研修生
  • 2018~19年:ネオベッツVRセンター 研修生(内6ヶ月間)
詳しい医師紹介を見る 予約をとる