ネット予約はこちらネット予約はこちら
  • 〒565-0875 大阪府吹田市青山台2丁目1-15
MENU

ブログ

Blog

犬の腫瘍疾患|ESSE動物病院吹田|吹田市(北千里駅)・箕面市・豊中市の動物病院

乳腺腫瘍

  • 2021年7月27日
  • 犬の腫瘍疾患

乳腺腫瘍とは? 犬の乳腺腫瘍は、乳腺にできる腫瘍で未避妊のメスにできる腫瘍の中でもっとも多いとされています。 中〜高齢(7〜13歳)で発生が増加します。 プードル、チワワ、M・ダックスフント、シーズーに多く、初めての発情…

肥満細胞腫

  • 2021年7月27日
  • 犬の腫瘍疾患

主に⽪膚にできる悪性腫瘍。 症状 ⽪膚のしこり、⾚み。 傾向 ⽝の⽪膚腫瘍の中で1番多く、全⽪膚腫瘍の20%ほどとも⾔われている。 パグでは複数の肥満細胞腫が発生する事がある。 診断 FNA(針で細胞の⼀部を取ってくる検…

⽪膚組織球種

  • 2021年7月27日
  • 犬の腫瘍疾患

⽪膚にできる良性腫瘍。 症状 ⽪膚のしこり、⾚み。 傾向 3才未満の若い⽝に発⽣が多い。しこりは多くの場合で1個である。 診断 FNA(針で細胞の⼀部を取ってくる検査)で仮診断を⾏う。 治療 基本的には無治療で3ヶ⽉以内…

脂肪腫

  • 2021年7月27日
  • 犬の腫瘍疾患

主に⽪膚の下の脂肪にできる良性腫瘍。 症状 腫れや膨らみ。 診断 FNA(針で細胞の⼀部を取ってくる検査)と⽪膚エコー検査で概ね診断できる。 治療 多くのケースでゆっくり⼤きくはなるが、害がなければ様⼦を⾒るケースもある…

軟部組織⾁腫

  • 2021年7月27日
  • 犬の腫瘍疾患

主に⽪膚の下などできる悪性腫瘍。 症状 腫れや膨らみ。時に痛みを伴うこともある。 傾向 G・レトリバー、W・コーギー、シェルティーなどに多いと⾔われている。 診断 FNA(針で細胞の⼀部を取ってくる検査)か腫瘤の⼀部を切…

肛⾨周囲腺腫

  • 2021年7月27日
  • 犬の腫瘍疾患

概要 未去勢・中高齢犬の肛門に頻発する良性腫瘍です。 この病気の発生には男性ホルモン(テストステロン)が大きく関与している為、去勢手術で発生リスクを軽減できる病気のひとつでもあります。 7歳以上の雄犬に多く見られる腫瘍で…

扁平上⽪癌

  • 2021年7月27日
  • 犬の腫瘍疾患

⽪膚や粘膜にできる悪性腫瘍。 症状 ⽪膚の傷、ただれ、出⾎が多い。 傾向 ⽪膚腫瘍の6%がこの扁平上⽪癌であり、治りにくい傷が実はこの癌であったというケースも少なくない。 診断 腫瘍の⼀部を切り取り検査することで、確定診…

⾻⾁腫

  • 2021年7月27日
  • 犬の腫瘍疾患

概要 犬の原発性骨腫瘍でもっとも多く、85%以上を占める悪性腫瘍です。 大型犬での発症が多く、約75%が四肢に発生し、残りは体軸骨格で見られます。 (15kg以下の小型犬では、体軸骨格での発生が59%を占める) 臨床症状…

それ以外のリンパ腫

  • 2021年7月27日
  • 犬の腫瘍疾患

多中⼼型、胃腸管型、⽪膚型以外にもリンパ腫の型が報告されている。これ以外には、肝脾リンパ腫(肝臓と脾臓に限局するリンパ腫)、腎臓リンパ腫(腎臓に限局するリンパ腫)などがあります。 症状 元気や⾷欲の低下、嘔吐、下痢などが…

⽪膚型リンパ腫

  • 2021年7月27日
  • 犬の腫瘍疾患

⽪膚に限局するリンパ腫。 症状 ⽪膚の⾚み、フケ、しこり、ただれなどの症状を⽰す。 傾向 G・レトリバー、W・コーギー、シーズーに多いと⾔われている。 診断 ⽪膚⽣検(⽪膚の⼀部を切り取る検査)にて確定診断を⾏う。 治療…

1 2 3