ネット予約はこちらネット予約はこちら
  • 〒565-0875 大阪府吹田市青山台2丁目1-15
MENU

ブログ

Blog

腫瘍科|ESSE動物病院|吹田市(北千里駅)・箕面市・豊中市の動物病院

⽪膚型リンパ腫

  • 2021年7月27日
  • 腫瘍科

⽪膚に限局するリンパ腫。 症状 ⽪膚の⾚み、フケ、しこり、ただれなどの症状を⽰す。 傾向 G・レトリバー、W・コーギー、シーズーに多いと⾔われている。 診断 ⽪膚⽣検(⽪膚の⼀部を切り取る検査)にて確定診断を⾏う。 治療…

胃腸管型リンパ腫

  • 2021年7月27日
  • 腫瘍科

胃や腸、周りのリンパ節に限局してリンパ腫。⾼悪性度と低悪性度のものがある。 症状 元気・⾷欲の低下、嘔吐、下痢など⼀般的なお腹の症状が⾒られる。 傾向 ⼩腸の腫瘍では1番多い腫瘍がこのリンパ腫である。 診断 エコー検査で…

多中⼼型リンパ腫

  • 2021年7月27日
  • 腫瘍科

全⾝のリンパ節にできる腫瘍で、⽝で1番多いリンパ腫のタイプです。⾼悪性度と低悪性度のものがある。 症状 元気・⾷欲の低下、嘔吐、下痢、リンパ節の腫れが⾒られることが多い。低悪性度のものは、症状を⽰さないこともある。 傾向…

副腎腺腫(腺癌)

  • 2021年7月27日
  • 腫瘍科

副腎にできる腫瘍。副腎はホルモン分泌に関わる部位で、この部位の腫瘍はホルモン異常を起こすことがある。 症状 クッシング症候群の症状(⽔を良く飲む、尿が多い、太ってきた、⽑が薄くなってきた、など)が⾒られる場合もある。 傾…

下垂体腺腫(腺癌)

  • 2021年7月27日
  • 腫瘍科

脳の下垂体という部位にできる腫瘍。下垂体はホルモン分泌に関わる部位で、この部位の腫瘍はホルモン異常を起こすことがある。 症状 多くはクッシング症候群の症状(⽔を良く飲む、尿が多い、太ってきた、⽑が薄くなってきた、など)が…

精巣腫瘍

  • 2021年7月27日
  • 腫瘍科

精巣にできる腫瘍で、精上⽪腫、セルトリ細胞腫、間細胞腫がある。これらが1種類もしくは複数が腫瘍化した精巣で増殖する。 症状 精巣の⼤きくなっていることで気づかれることが多い。 また稀に腫瘍が⼥性ホルモンを出し、それによる…

移⾏上⽪癌

  • 2021年7月27日
  • 腫瘍科

膀胱や尿管にできる悪性腫瘍で、膀胱粘膜などが腫瘍化したもの。 症状 ⾎尿や頻尿などの尿症状で気づかれることが多い。 傾向 シェルティー、ビーグル、M・ダックスフント、マルチーズに多く⾒られる。 診断 腹部エコー検査でその…

腎細胞癌

  • 2021年7月27日
  • 腫瘍科

腎臓にできる悪性腫瘍で、腎細胞が腫瘍化したもの。 症状 ⾷欲低下、体重減少などはっきりとしない症状を⽰すことが多い。稀に、エリスロポエチン産⽣による多⾎症(⾎が濃くなる)が⾒られることがある。 傾向 パピヨン、M・ダック…

消化管間質腫瘍

  • 2021年7月27日
  • 腫瘍科

腸にできる悪性腫瘍で、腸のカハール介在細胞が腫瘍化したもの。 症状 無症状な症例もいる。時に、⾷欲低下、体重減少、嘔吐、下痢、⾎便などが⾒られる。 傾向 ⽝の回盲結腸移⾏部に発⽣しやすい腫瘍で、G・レトリバー、M・ダック…

腸腺癌

  • 2021年7月27日
  • 腫瘍科

腸にできる悪性腫瘍で、腸粘膜から発⽣する。 症状 ⾷欲低下、体重減少、嘔吐、下痢、⾎便などが⾒られる。 傾向 ⽝の⼩腸に発⽣する腫瘍で、リンパ腫の次に多い腫瘍である。G・シェパードやコリーで発⽣リスクが⾼いとする報告もあ…

1 2 3 4